日本の製造業は危ない? - 日本の製造業の未来

日本の製造業は危ない?

日本の製造業といえば第2次世界大戦後日本の高度成長期に日本の発展に大きくかかわり日本を急成長させていったのは日本の産業業界でした。
そんな日本の製造業が危機を迎えているのでしょうか。
人件費や大きな工場の土地代などを抑えることが出来る海外への進出によりより安い人件費と土地代などランニングコストを落とすため海外へ進出することにより日本の製造業が縮小してきております。

しかし日本の製造業はとても精工で繊細かつ丁寧な仕上げで世界的にも高評価を得ていることは事実です。
また映画やドラマでも取り上げられている戦後の自動車産業は3輪から始まり一気に自動車が一般家庭にまで広がっていった歴史がございます。
自動車以外にも今現在でも下町で中小企業が職人技を光らせいろいろな製品を製造しております。
しかし中小企業への就職率の低下や新しい人材が育たないなど大切な日本の技術が引き継がれていかない危機に陥っています。

今若い人の間でモノづくりが注目されています。
手に職を付ける職人技を磨きまた昔からの良い技術に加え新しいコンピューターなどを使いさらに良い製品を作り出していくことも魅力の一つです。
自分が実際に手掛けた作品(製品)が消費者に愛され、また人々の生活に関わり豊かに彩っていくこともとても夢のある仕事です。
モノづくりの観点から日本の良き文化や伝統を取り入れまた実際に職に就いてから技術を勉強していくといった様に日本の良き製造業を新しい世代へとバトンを渡して盛り上げていくことが出来るかもしれません。
新しい未来へ世界へ日本の製造業の発展は続いていきます。

真空のすべてに役立つパートナー【クラフト】

真空蒸着装置や蒸着部材(タングステン・フィラメント)のご用命はクラフトへ!