製造業における自動車産業 - 日本の製造業の未来

日本の製造業の未来 > 製造業における自動車産業

製造業における自動車産業

国内の製造業の中でも不動の人気を誇る自動車産業がございます。
中でもトヨタは1932年(昭和12年に)現在の愛知県豊田市で設立した。
設立に至ったのは明治時代は繭の生産が盛んでありましたがだんだんと衰退しておりました。
そんな中現豊田市(挙母町)の発展のため次の産業を探しておりトヨタはそのころ鉄道も走っていてまた広い土地があること、そして農地をつぶさなくてよいことからこの土地に設立をしたのが始まりです。

また2014年のデータを見てみますと日本での1年間の車の生産台数は977万台でした。
またそのうちの327万台がトヨタで生産されております。
世界で一番自動車が生産されている国はどこでしょう。
それは中国です。
中国では2014年2372万台が生産されております。
また輸出はどうでしょう。
同じ2014年で比べてみましょう。
170か国の国や地域に輸出しているトヨタ車。
1年間で446.6万台が輸出されそのうちトヨタ車は179万台でした。
また海外でのトヨタの工場は28か国53か所にございます。
海外に工場を置くことによりその現地の人々に働く場の提供をすることが出来、人々の暮らしを裕福にしたり、また近くに工場があることによってより早く車を届けることが出来るようになっております。

また近年機械化が進み大きなものや重たいもの汚れる作業などを中心に機械(ロボット)による工程となっております。
また実際に長年のカンや職人技が必要とされる作業は人間の手で行っているようです。
このような取り組みからも非常に働きやすい職場となっているのかもしれませんね。

真空のすべてに役立つパートナー【クラフト】

真空蒸着装置や蒸着部材(タングステン・フィラメント)のご用命はクラフトへ!