機械化による雇用の減少 - 日本の製造業の未来

日本の製造業の未来 > 機械化による雇用の減少

機械化による雇用の減少

第2次世界大戦後日本の高度成長期に発展し続けていった自動車産業ですが年々機械化が進み雇用の減少が進んでおります。
働く人の安全面や衛生面なども考慮していき、また機械化の技術も進歩し続けており人の手に近い作業が出来るようなロボットの参入やコンピューターによる様々なプログラミングなど年々進化をしております。
戦後の日本の自動車産業はどうだったでしょうか。

小さな町工場で製造する中小企業が多数存在し、自動車産業以外でも町工場が盛んでした。
戦後何もない日本で製造業が盛んになり経済を大きく発展していきました。
また1986年(昭和61年)12月からの日本のバブル期では特に1989年(平成元年)は各社が一斉に新車を発表し華々しい時代であったと言えました。
そんな中だんだんと人の手から機械化されまた近年では人工知能を持ったロボットの開発が進むなど雇用の減少にもつながっているようです。

しかしすべてが機械化されているわけではございません。
実際に職人技とされているカンや技術が必要な場面では職人の手作業で行われていたり、企画開発部門での雇用は多数ございます。
機械化による雇用の減少はマイナス面だけではなく実際には働く人の安全や過重労働などの軽減することが出来るようになっており、より働きやすい環境を作り上げることが出来ております。
また機械による管理により、より正確に安全基準の確認など消費者にとっても安心して使用することが出来るようになっております。

以上の事から機械化により雇用はある程度の減少はございますが人と機械がうまく協力し合い製造業が成り立っていることが分かりました。

真空のすべてに役立つパートナー【クラフト】

真空蒸着装置や蒸着部材(タングステン・フィラメント)のご用命はクラフトへ!