日本のものづくりの将来は - 日本の製造業の未来

日本の製造業の未来 > 日本のものづくりの将来は

日本のものづくりの将来は

第2次世界大戦後日本の経済の発展に大きく影響を与えた日本のものづくりですが、職人の高齢化が進み、また町工場の閉鎖などで中小企業のものづくりが衰退傾向にございました。
これも高度経済成長期を終え経済が思わしくない不況の中、代々引き継がれていったお家業とでもいうのでしょうか。
1代目から2代目へまた3代目へと技術を引き継いで行き製造をしていた町工場。
経営を続けていくことが困難だったりすることも影響あり工場をその代で終わりにしてしまい子供は新たな新しい職に就くといった形で減少しておりました。

しかし近年日本のものづくりが見直されてきており、将来の展望も開けているようです。
日本人特有の繊細かつ丁寧な造りはmade in Japanとして世界中から評価を得ており愛されております。
また今では当たり前となりましたがインターネット販売やまたインターネットを通してつながるといった新しい方法を通して、また日本のものづくりが盛り返してきております。
特徴としては若い人たちがものづくりに興味を持ち作る側と作ってもらいたい側をつなげるインターネットサービスやまた主婦や退職された方などの一般の方の得意分野でのものづくりも注目されております。

このようにまた新しいツールを通して日本のものづくりが認められて来ているのではないでしょうか。
日本の繊維業や木工業なども海外でコストを安く作られることが多いですが丁寧な仕事で繊細な日本の製品はとても良いものです。
また伝統的な技が必要な漆器やガラス細工なども芸術的な日本が誇ることのできる製造業でございます。
このような伝統工芸も見直されてきているようです。

真空のすべてに役立つパートナー【クラフト】

真空蒸着装置や蒸着部材(タングステン・フィラメント)のご用命はクラフトへ!