製造業の国内回帰 - 日本の製造業の未来

日本の製造業の未来 > 製造業の国内回帰

製造業の国内回帰

第二次世界大戦後大きく経済発展に影響を及ぼした日本の製造業ですが、コストやまた世界の未発展の国などに工場を建てることによりその国の人々の暮らしを裕福にする経済発展を目的とした計画と共に、海外進出が進んでいいきました。
しかし、2015年から日本の製造業は国内回帰の傾向に見られております。

なぜ今まで海外に進出傾向だった物を国内回帰が進んで行っているのでしょう。
それは2012年以降円安が長期化したことを受けまた国内の機械化により人件費の大幅削減が進み日本での生産コストが大幅に下がったことが要因とみてよいのでしょうか。
またそれだけではなく安心安全な日本製が好まれていることも関係しているようです。

実際にはどのような国内回帰があるのでしょうか。
2013年ころから日本への国内回帰が進んでいるようです。
例を挙げてみますとエアコン、冷蔵庫、洗濯機などの2015年以降の新機種に関しては国内での生産が進んでおります。
また複写機やカメラ等を取ってみますと日本国内の製造を3年程度で4割から6割に引き上げております。
またスマートフォンの普及により新たな産業としてスマートフォンの電子部品の工場や画像センサーなど新しい技術も国内に工場が設けられております。

自動車産業ではどうでしょうか。
2015年ころから部品を日本で生産採用をして拡大しております。
2014年に対して2015年にはほぼ倍に拡大していることもグラフから読むことが出来ます。
今後の傾向としてはやはり海外での製造は続いていきますので新たな産業で国内への工場新設により国内回帰に影響するのではないでしょうか。

真空のすべてに役立つパートナー【クラフト】

真空蒸着装置や蒸着部材(タングステン・フィラメント)のご用命はクラフトへ!