製造業市場の将来 - 日本の製造業の未来

日本の製造業の未来 > 製造業市場の将来

製造業市場の将来

2000年以降、低価格競争が繰り広げられた影響で日本の製造業の市場が海外特に中国などのアジア地域に拠点を移していきましたが、リーマンショックの影響を受け輸出が大幅に減少したり、タイの洪水などで工場が閉鎖したりと色々な課題が山積みとなっていきました。
また海外に拠点を移すことによりその国の発展に役立ち、貧しい人々に仕事を与え子供たちを学校に行けるように支援するなどの世界の発展にも役経って来た製造業の経緯がございます。
そんな海外進出を進めてきた日本の製造業ですが2015年からは国内回帰の傾向の傾向となっております。
これは国内での機械化やルートなど大幅にコストダウンが可能になったことやコストだけではなく日本の技術いわゆるmade in Japanが大きな評価、信頼を得ている事なども大きく関係があるようです。

では将来における日本の製造業市場はどうなっていくのでしょうか。
国内回帰していく傾向にある製造業では新しい事業、例えばスマートフォンや液晶パネルなど新規事業の国内工場の設営などが目立ってきております。
そういった新しい事業での展開が益々日本の製造業市場に期待できることかもしれません。

また日本の良き伝統文化でもある各地域に伝わる職人技も最近若い人の間で大変注目をされております。
こちらもインターネットツールなどを通して人と人とのつながりやまた新たなSNSなどを通して今までになかった視点から昔からの伝統製造業に携わる人が出てきております。
こうした時代の流れと歴史の融合からも将来に向けて新たな産業、製造業が期待できることと思われます。

真空のすべてに役立つパートナー【クラフト】

真空蒸着装置や蒸着部材(タングステン・フィラメント)のご用命はクラフトへ!