製造業工場の海外移転 - 日本の製造業の未来

日本の製造業の未来 > 製造業工場の海外移転

製造業工場の海外移転

製造業界では年々工場の海外移転が進んでおります。
このような海外移転はなぜ起こっているのでしょうか。

一番大きなメリットは人件費の削減です。
海外に工場を移転することにより物価の関係で日本国内の人件費よりも大幅に削減、また仕事が不足している地域では多くの人材を獲得することが可能です。
日本国内での人材不足などに陥ることが無く安定して人材を確保できることもメリットの一つとなっております。

またそればかりではなく現地の人にも大変なメリットがございます。
日本の大きな企業の工場が1つできることにより多くの家庭を生活に潤いを与えることが出来ます。
学校に行けなかった子供が学校に通うことが出来るようになり、勉強をして成長し実際に職に就くときにはやはり勉強をした分スキルが上がります。
そのようなことを繰り返していく事により未開発だった国も発展をしていくという良いサイクルをすることができます。
両者にメリットがある事も海外移転が進んでいることの理由かもしれません。

しかし最近では国内回帰も進んでおります。
それは国内の工場での機械化が進み、人工知能を持ったロボットなど普及をするなど国内での人件費を大きく削減することが出来るようになったことや、日本の製品が世界で高い評価を得ていることから日本国内でのものづくりが見直されている事などがございます。
またスマートフォンや液晶パネルなど新たな産業が次々と生まれ新しい製造を日本の工場で生産するなど国内回帰も進んでいるという事が分かっております。

今後の日本の製造業は海外工場と日本工場の両立をうまくしていく事で発展していくものと思われます。

真空のすべてに役立つパートナー【クラフト】

真空蒸着装置や蒸着部材(タングステン・フィラメント)のご用命はクラフトへ!