製造業の人材育成 - 日本の製造業の未来

日本の製造業の未来 > 製造業の人材育成

製造業の人材育成

高齢化が進む製造業ですが、どのような形で人材を育成していけるのでしょうか。
特に中小企業の人材育成が難しく新しい人材の確保なども課題の一つとなっております。
戦後の日本を支えてきたいわゆる町工場ですが、近年の不況も影響しておりますがやはり高齢化の問題や設備投資の問題などで廃業となる工場もございます。
そんな中どのように人材を育成していけばよいのでしょうか。

昔は職人の技を見て盗み研究しているなど言われておりましたが、今では技術者を派遣して指導していくという技術者指導者が足りない企業でも技術を習得することが出来るシステムもございます。
また派遣会社が技術者を派遣してくれるシステムもあり、必要な時だけ特定の技術を持った人材を派遣してもらうこともできます。
また厚生労働省や商工会議所などでも職人の人材育成、どのように継承自動をしていくかなどのヒアリングシートやマニュアルを作成して、インターネットなどでもダウンロードが可能になっております。
このようにまとめられたマニュアルを通して一つづつ順を追って指導していくという事も技術者の育成には早道かもしれません。

日本の技術者は世界でも高く評価をされております。
また日本人特有のきめ細やかで丁寧な仕事が認められております。
そのような歴史的にも日本を支えてきた製造業を次の世代に継承することで、安心安全で精巧な日本製の商品をこれからも国内はもちろんの事、世界にも発信していけるように人材育成をしていく事が製造業の未来、日本の更なる発展につながっていくのではないでしょうか。

真空のすべてに役立つパートナー【クラフト】

真空蒸着装置や蒸着部材(タングステン・フィラメント)のご用命はクラフトへ!